真木柚布子ファンクラブ「柚の会」スタッフブログ

真木柚布子ファンクラブ柚の会事務局スタッフのブログです。

こちらのブログでは柚の会会員の方だけではなく、一般の方にも楽しく見て頂ける様に、これまで会報などにも取り上げた写真やお話もアップして行こうと思ってますのでお楽しみに!

  まだまだ「時には花のように」「藍染の高尾」
 コロナの影響でなかなか十分に生でお届け出来なかった分 大切に歌ってます!
  一番辛い時期に発売された楽曲ですが、その波に飲み込まれて置き去りにするには
  もったいない楽曲です。
  この時期だからこそ、皆さん!この意味深い楽曲も応援よろしくお願い致します。
 
   o1080108014794203155
       

     ・・・と言いつつ、既に新曲の予約も始まっているようです。

  3月10日発売! 「紅傘の雪」「満天の夢」

  何とジャケットさえ出来ていないのに、レコード店では先行予約をしているみたいです。
  (ネット上のCDショップではジャケット写真もなく・・・受付してるようです。)
  昨年からの新型コロナウィルスの影響もあってレコード業界も、演歌の世界も非常に厳しく
  何とか少しでも早め早めに手を打って頑張ろうとしています。

  

     mainImg4

     star_line




                       ♪ かんりにん ♬


   ***** 以下レコード店によるCDの情報です *****
  

内容説明

およそ1年ぶりとなる真木柚布子の新曲は、前作に引き続き本人による作詩。曲は「ふられ上手」「夜明けのチャチャチャ」等の提供実績がある樋口義高。和の色が濃く漂う女の情念を描いた艶唄で、スケール感のあるメロディーラインのドラマチックな一曲に仕上がりました。

商品詳細

JAN4988003578695
種別CD
収録時間27分
組枚数1枚組
販売元キングレコード
発売元キングレコード
販売価格1,400円(税込)

収録曲

Disc.1
01.紅傘の雪(4:51)
02.満天の夢(4:27)
03.紅傘の雪 (オリジナカラオケ)(4:51)
04.紅傘の雪 (一般用半音下げカラオケ)
05.満天の夢 (オリジナルカラオケ)(4:27)
06.満天の夢 (一般用半音下げカラオケ)(4:27)

                           




























  「真木柚布子と言えば一人芝居」と言われるくらいに
   多くの皆様に評価して頂いていますが、その中で
   舞台公演としてではなく、ショートバージョンとして
   CD化されたものが3作品あります。

   1)歌謡芝居「九段の母」

      maki003
   代名詞とも言える程に真木柚布子の表現の幅を広げ、
   その舞台の厚みをました作品ですが、この作品は常に多くの方が
   「幾度見ても泣ける」として要望の多い作品です。
   そして「柚の会」の会員の中には、実際に台詞を覚えステージで 
   実演される方もいらっしゃいます。
   (男性なんですが、着物も用意してなかなかの演じっぷりです!)
  20140518_008_f



   2)歌謡芝居「ホタルの恋」

       hotaru

  この作品は、真木さんが仕事で訪れた特攻隊の出撃地「知覧」での深い思いを受け
  「九段の母」に次ぐ意味深い作品として制作されました。

      o0720096013729010108
  
    あの「僕はホタルになって帰ってきます」と言う言葉が伝えられた「富屋食堂」

      o0960072013729010168

      o0960072013729010127

      o0720096013729010152

      戦争からは不幸以外何も生まれない・・・
      その悲劇の中にあるのは家族や大切にする人への思いでした。
      さすがにこの作品は少女から御婆さんまで多くの役柄を
      演じなくてはいけませんので演じ分けには苦労があったようです。
      その分この作品を実際にやってみようとする方はなかなか見受けられませんが
      九州で実演された方があったそうです・・・ 


    3)講談語り「藍染の高尾」
      
       makiyuko1

    77be9199b2a1549277eae3cfb11166cf (1)

   この作品は、三十周年記念曲「高野高尾」のストーリーを舞台化するにあたり
  高尾大夫の立場で書かれた脚本「藍染の高尾」の劇中歌として制作されたものです。
  後にショートバージョンとしてCD化たものですが、役者として多くを経験した
  真木さんにとってもまったく縁のなかった「講談」を強く意識した設定となっていましたが
  本業の歌手として喉を傷めないように完全な講談喋りにする事も出来ませんでした。
  その為、講談を意識した講談調での演出で行ったものですが、講談調とは言え
  その語り口調は独特なものですから、苦労も多かった作品です。

  ただ、その真木さんでさえ苦労した 講談語り「藍染の高尾」を柚の会の会員の方が
  今練習しておられるそうで、このコロナが終息してイベントが出来るようになった暁には
  舞台で披露して下さるそうです。
   話では、語りの役と歌を分けて二人で仕上げるとの事ですから楽しみです!

  ご披露頂けるイベントが決まりましたら皆様にもお伝え致しますので
  是非見に行きましょうね!

                     ♪ かんりにん ♬

   
  
     

  
  緊急事態宣言が出されていますが、街中の危機感はどうでしょうか?
  私は「不要不急」の扱い人間ですので、ストーブの番をしながら、パソコンに
  向かう日々です・・・
  
  そんな中、ちょっと気晴らしに過去の資料写真を見たりするのですが
  どの写真を見ても、今のコロナの状況がなければな~~~と思ってしまいます。
  
  ちなみに、下の写真は第1回「全国柚の会」の総会(代表者会議)のものですが
  後に代表者だけではなく、地域柚の会会員なら事前申し込みで誰でも参加出来る
  ようになっていました。
  でも、昨年は3月に予定していたもののコロナの影響で開催出来ず・・・


  t02200147_0640042713288487267

    写真を見ると本当にまじめに会議してますよね!
  でも、会議終わりの懇親会ではカラオケで盛り上がって楽しいものでした。
   おまけに翌日は遊覧船にも乗って良い思い出の交流も・・・
   
  何とか今年は実現したいものですが、どうせならファンクラブツアーも   
  兼ねた企画に出来ればと思っています。

   ファンクラブツアーと言えば・・・
   この船を見てピンと来たかたもあるかと思いますが・・・
   そうです! 佐渡ツアーです!
  t02200146_0800053213315128355

    船内では皆さんでカラオケで楽しみましたね!
  t02200146_0800053213315135479

   宿泊ホテルに到着してからは、佐渡の民話を題材にした語り芝居の
   特別バージョンを鑑賞!・・・真木さんは大忙しの実演!
  t02200146_0800053213315129123


         そして夜はもちろん大宴会!
  t02200146_0800053213315129388
 
      翌日はたらい船をギコギコ・・・
      もちろん真木さんもギコギコ・・・
   実は、後に公演した語り芝居「お光・吾作物語」のチラシに入ってる
   お光がたらい船を漕ぐシルエットは真木さんが本当に漕いでいる写真を
   使ってデザインしたものでした。
  ( この写真は優雅に手を振ってますが、この後に真木さんも
     一人で漕いでました。)
  t02200146_0800053213315129691


     こんな楽しいファンクラブツアーをもう一度!!!


                     ♪ かんりにん ♬

↑このページのトップヘ