真木柚布子ファンクラブ「柚の会」スタッフブログ

真木柚布子ファンクラブ柚の会事務局スタッフのブログです。

こちらのブログでは柚の会会員の方だけではなく、一般の方にも楽しく見て頂ける様に、これまで会報などにも取り上げた写真やお話もアップして行こうと思ってますのでお楽しみに!

    明日 5月8日(土曜日)20:00~20:30 

     a179066d-5836-4d9c-99ea-57051cd0f04c

        電話インタビューで出演

     エリアの方は是非お聞き下さいね!

                   ♪ かんりにん ♫

  ここ数日は雨風が強かったり、まるで夏日の様な日だったり
  着るものに困ってしまいますが、皆さんは服選びで困ってませんか?

  ところで、実感があるようなないような気分ですが、「立夏」です。


    nijyushisekki-1600x1200-02

     2021年の立夏は、5月5日から5月20日です。
 毎年5月6日頃~5月20頃にあたりますが、日付が固定されているわけではありません。
二十四節気は季節の移り変わりを知るために1年を約15日間ごとに24に分けたものですが、
太陽の動きに合わせて1年を24等分して決めるので一定ではなく、1日程度前後する事があります。

なお、二十四節気では、立夏の前は穀物を潤す雨が降る頃という意味の「穀雨」で、
立夏の次は万物が生長し天地に満ち始める頃というという意味の「小満」となります。

  ちなみに随分以前だったら 蛙(かわず/かえる)が鳴き始める頃。
「かわず」は歌語、雅語として、「かえる」は口語、俗語として用いられてきました。
「かえる」の語源は必ず元のところに帰ってくるから「帰る」、「かわず」の語源は
 川に住む蛙という意味の「河之蛙(かわづがえる)」だとか・・・

 そんな蛙の合唱もなかなか聞く事も出来ませんが、新型コロナウィルス感染症のせいで
 歌う機会も場所も制限された日々がいつまで続くのやら・・・

 柚の会の会員の皆様には会報でお伝えしておりますが、5月9日(日)~12日(水)まで
 実施予定でした関西方面のミニライブが全て6月に延期となりました。

 会報を製作中には実施予定でしたが、4月末の緊急事態宣言発令に伴い急遽延期と
 なりました。その為、予定の修正が会報の印刷に間に合わず、お知らせを添付する
 形となりました。 
 何分月初めにお届け出来るように製作しておりますので変更添付の形となりました
 事をお許し下さい。

 
                    ♪ かんりにん ♫


  新曲発売後「紅傘の雪」の歌唱ワンポイントレッスンをやっていますが・・・
  ワンポイントと言いながら結構しっかりとやってるんですけどね!
  
  次はカップリング曲「満天の夢」をやる事になりました。  

  o2968388814932517291

 「紅傘の雪」では、聞いていてなるほどね~~~と思って聞いていたのですが  
 実際に会場で聞いている皆様も大きく頷きながらなるほどね~~~と言う表情でした。

  ところで、今度の「満天の夢」はまったく曲調も違いますし、何となく雰囲気に
  乗っかって歌えば良いのかな~~~なんて思うのですが・・・
  さてさてどんな歌唱アドバイスをして頂けるのか楽しみです。  
   ( ハードルを上げてしまった感じですが 笑 )

                        ♪ かんりにん ♫

↑このページのトップヘ