新年に幸福を祈願して年越しそばを・・・
   
        soba

「年越しそば」の風習は江戸時代の町人の間で始まり、細く長いことから長寿祈願、金銀細工師がそば団子で金粉を集めたことから金運上昇を願う縁起物で、薬味のネギは「労ぐ(ねぐ)」、「祈ぐ(ねぐ)」、神職の「祢宜(ねぎ)」に通じ、この1年をねぎらい、新年に幸福を祈願するというもので、年内に食べないと縁起が悪いとされています。

縁起の良い具材をトッピングしてみてはいかがですか!

 【ニシン】ニシンそばとして

語呂あわせの「二親(にしん)」から多くの子供が生まれるようにとの縁起担ぎに使われるニシン。京都の年越し蕎麦では「ニシン」が定番です。

 【海老】かき揚げ、海老天ぷらなど

腰が曲がることから「長寿のシンボル」とされる海老は縁起のいい食材として日本中で親しまれています。

 【卵】卵焼きや伊達巻きをスライスして。月見そばもOK。

黄色は金色に通じることから縁起物として親しまれています。特に伊達巻きは、巻いている形状から反物(着物の布地)を連想し、着るものに困らない、繁栄・繁盛の願いがこめられています。

 油揚げ】きつねそば風にして

お稲荷さんは商売繁昌の神様。新年の「金運」「仕事運」を油揚げに祈願してみては?

 【ネギ】刻んで薬味として

1年の労苦を「ねぎ」らう上でもネギは欠かせません。食欲を増進し、風邪の予防・改善にも役立つネギそのものの成分もしっかり味わいたいものです。地方によってはネギを箸代わりにしてそばをすくい、そのままネギごと食べる豪快なそばもあります。

                     ♪ かんりにん ♬