梅雨も明け猛暑です!
  そんな中、真木さんは関西方面のミニライブで歌わせて頂いたのですが
  当然歌う曲と言えばハワイの浜辺で見上げる夜空を想像させるような

           「満天の夢」

  o1272141614893361817

  でも、もちろん「紅傘の雪」も歌わない訳には行きませんよね!
  外は猛暑でも・・・
        maxresdefault


  ただ、エアコンの効いた店内は外の猛暑を感じさせない適温。
  そうなると、歌手としては歌で冬の世界に入って頂かなければいけません。  
  それこそが、プロがプロたる所以なんです。

  きっとその場にいた方は歌の世界に入って聞いて頂いたと思いますが
  演歌と言うのはどちらかと言うと秋から冬のイメージがあるので
  猛暑の演歌はなかなか難しいものです。
   
  ところで、歌う場所によって照明や室温の関係で特別ステージが暑くなって
  いなければ汗だくで歌ってる女性歌手の方は少ないですよね!
  ( 男性の場合には結構汗をかいて、ファンの方に拭いてもらったり
   してますが…笑)
  なぜだと思いますか?
  着物を良く着られる方や舞台に上がられる方はご存じかもしれませんが・・・
  (もともとあまり汗をかかない方は別です・・・)
  実はちょっとした秘密があるです。
  
  私は演歌の仕事をするまでは、まったく知らなかったのですが
  ある時こっそり教えて頂きました。
  とは言っても私は試した事はないのですが・・・

  皆さんご存じでしたか?

                    ♪ かんりにん ♫