「歌謡芝居」ある意味独特なジャンルかと思いますが
      真木柚布子と言えば「歌謡芝居」ですからね!
    
       その代名詞となっているのが「九段の母」

   ea0cb04b

     この作品をやって欲しいと言う方が多いのも事実で
     真木さんも可能な範囲で実演しています。
     ただ、この作品はどうしても会場の状況で実演しにくい    
     作品でもあります。
      
     集中して見て頂く為にも、演じる真木さんにとっても   
     一段高いステージが設置されている事や、会場が暗く出来て
     ピンスポットがある事・・・などなど

     一度見て頂いた方は、非常に印象深く感動する作品かと   
     思うのですが、どこでやっても良いと言う作品ではありません。
    だからこそ、この作品が心に刻まれるんではないでしょうか。

    そして、もう一つ「九段の母」の作品の流れを組む作品として
    歌謡芝居「ホタルの恋」があります。
            E79C9FE69CA8E69F9AE5B883E5AD905-bc086
            201711200000592-nsogp_0

     先日のヨコスカ歌の祭典ではこの作品をやったらしいのですが、
    「九段の母」よりも比較的楽に入れる作品ですので、実演し易いの
    かもしれません。
    とは言え知覧を飛び立った青年突撃兵の話ですから、感動ものです。
    また、もっと雰囲気の違った落語の話を題材にした「藍染の高尾」と   
    言う講談語りもありますが
     makiyuko1-740x493

     真木さんは違ったパターンで作品を幾つも持っていますので、
     毎回見に行く楽しみのある歌手なんじゃないでしょうか

     そして、近々また雰囲気の違う作品を・・・

    こうやって一時的な「使い捨て」ではなく、大切に披露し続ける作品を
    作って行けるのは真木さんも楽しいのでは・・・
    もちろん裏方もそうですが、それを一番楽しみにして下さってるのは
    ファンの皆さんかも・・・。
     
     さてさて、次はどこでどの作品のご披露となりますやら
     どうぞお楽しみに・・・
                      ♪ かんりにん ♫