こちらのブログにいつも書き込みして下さる88888さんが、
 こんな書き込みをして下さってました。
 ***「私は毎朝、ほぼ5時起きなんですが、冬は起きるのが辛いです。(-_-)zzz🕔😲

  起きた後、朝の日課である、仏壇の水、御茶🍵、お花、御飯🍚の交換、
  朝食の用意をしていると、👣が氷つくように冷たくなってしまいます。***

  私は気がかりな事もあり、ついつい寝れなくなって早く起きてしまう。
  でも88888さんは日々の日課として早く起きなくてはいけない。
  それは人それぞれで生活習慣が違いますので、仕方のない事かもしれませんが
  そんな88888さんの習慣の中で、日々仏壇に向き合っている事が・・・
  その都度手を合わせている事でしょうね!

  実は私は仏壇の前に行って手を合わせる機会は少ないのですが
  ただ、私のデスクのパソコンの横には仏壇代わりに、電池式の蝋燭と
  線香立て、両親の写真など諸々・・・
  そしてその前には私が初めて作詞させて頂いた楽曲のデモ版の
  CDが飾ってあります。
  そこには玄先生のサインも書かれているんです。

  私が芸能界の隅で仕事をしようとした時に反対していた父と
  誰かに後ろ指をさされるような事だけはするなと言っていた母。
  そんな両親に、私が仕事で何をやっても安心させる事は出来なかった
  かもしれません。
  それは、遠く離れた両親に目に見えるものとして私の仕事を
  感じてもらう事がが出来ていませんでしたから・・・
  本当は両親も分かってくれてはいたはずなんですが、私自身が
  何かハッキリしたもので両親に認めてもらいたかったのかも
  しれません。
  そんな思いで仕事をしてる時に、たまたま真木さんのお手伝いを
  する流れで作詞もどきをさせて頂く事になりました。
  それが最終的に作品になったのですが、その作品の作曲をされた
  のが弦哲也先生でした。
  母は芸能界に疎い人でしたが、随分以前に弦先生が近くに来られた
  時に見に行っていた事を話していましたので、本当に喜んで
  いました。
   それもあって、その時のデモ版の白いCDが飾ってあるんです。

  *下記の写真はあえて真木さんのCDを乗せてますが、実際は
   白いCDなんです。
  IMG_2058

  私が仏壇に向かい合う時は、故人を偲び語り掛ける時でも   
  ありますが、多分そんな中で自分自身に向き合ってるんです。   
  無茶はしてないか?無理はしてないか?誰かに迷惑かけてないか?
  お世話になった人に恩返しをする気持ちは忘れたないか?
  自分が出来る事で精いっぱいやれてるか?
  色んな事が頭を巡ります。

  そうやって自分に向き合った時に、このCDも私には大きな意味が・・・
  ですから、私はまだまだ真木さんに恩返しをしなくてはいけないと
  思ってます。
   母が喜んでくれた事を忘れない限りは・・・
 
  忠犬ハチ公みたいな話で
今回も長くなってしまいました・・・
  すみません!

      
                  ♪ かんりにん ♬