仕事に関係のないくだらないお話を・・・

  先日の事。ある契約の事があって担当の青年が我が家へ。
そして契約を進めて行くと、全ての情報・条件をスマホで入力して本部に送信。
数分後にはその情報をもとに私の携帯にURLが送信されてきて、携帯の下4桁の
番号を入力すると既に出来上がっている契約書が・・・
そこには、よくある数ページにも及ぶ細々とした注意事項などがあり(ほとんど見る気にもなりませんが)最後には、サインをする枠が・・・。そして、そこにサインするんですが、スマホで閲覧したら
指でサイン。PCだとマウスを使ってサインするんです。もちろん、手書きのサインと違いまともな字は書けませんが、それでも良いのだそうで・・・
 結局、手続きの全てがスマホだけで完結してしまいましたが、役所への申請だけは書面が必要なので用紙を預かり、記名捺印(実印)して出さなくてはいけないんです・・・電子化されても役所は紙と印鑑が必要なようです。
 ちなみに私はあえて古い携帯(ガラ携)を使ってるので、対応出来ません(苦笑)
今の時代は、「苦手だから・・・」とか「ネットは苦手だから・・・」なんて事は通用しない時代ですから、年を重ねても可能な範囲で対応して行かないと置いて行かれるだけではなく、不利益の方が多くなりますよね! 実感する事ばかりです。

 ところで、少し前に佐川急便の宅配で、受け取り時にタブレットの画面にサインしてた事がありましたが、いつの間にか元に戻ってました。 タブレットのサインなんてまともな字にならないんだから誰が書いても良いくらい・・・つまりいくらでも不正が出来るのにな~と思っていたのですが、佐川さんがタブレットサインをやめて理由の一つが、コロナの時期に「誰が触れたかわからないタブレットに、指で直に触れてサインさせるのか?」とクレームがあったとも聞きます。
 便利にしようと思ったら、コロナに撃退されたと言う話。ある意味過剰なクレーマーが沢山出たら、対応を考える前に便利な事でも押し返せる話かもしれません。

 それにしても、大事な契約書でさえ小さなスマホの中で完結させようとしてるのですから、余程集中して見ないと大変な事になりそうです。  
 それを考えると、少しでも見やすいタブレットを購入しようかと思ってしまいました。

 スマホ・タブレット・・・パソコン 
ネット社会についてゆけて、機器を上手く使いこなせないとやって行けない時代。
そして、その実力が重視されそうですが・・・でも、直接会って話をするとコミュニケーション力は低く、文章力もない。ただ、マニュアルに沿った対応・操作が出来るだけ。
何だか、そんな若者を育てる時代なんだな~と思うと寂しさを感じてしまいます。

音楽の世界でも大事なイントロは短くしてる気もするし、若い世代にはイントロもいらないし、サビの部分だけで良いから・・・と言って1曲の中でも好きな部分しか聞かない人も多いとか。

 曲も歌詞も切り取った部分しか必要ないんでしょうか?
 作りて側も、自分の楽曲でどこか一部でも気に入ってもらえれば・・・と思って作ってるんでしょうか?
 色々な事に矛盾や疑問が多くなってきました。 
 年齢を重ねるとこうなっちゃうんでしょうかね~(笑)


                かんりにん 兼  運転手