今日は体調も良かったので、久しぶりに近所を散歩してみました。
 するとあちこちに紫陽花の花が咲いていました。
 ただ・・・
IMG_20240606_101659

 あ~白い紫陽花も良いな~と思って暫く歩くと
 また白い紫陽花
IMG_20240606_102404

 そしてまた少し歩くと・・・また白い紫陽花

IMG_20240606_101902

   いったいこの街はどうなってるんでしょう?
 紫陽花と言えば、土の成分が酸性かアルカリ性かによって
 青から赤へと色がかわるのですが、中間では紫系のはずです。
 と言う事は、白はいったい・・・?

 どうも白い紫陽花は色の変化に影響する成分を持っていないので
 もともとの白色らしいのですが、これはこれで綺麗ですね!

 紫陽花(おたくさ)の説明の中で、大地が男性ならそこに咲く
 紫陽花と言う綺麗な色で花を咲かせる女性で・・・なんて事を
 言ってたんですが、白い紫陽花は土の影響を受けない・・・?
 どう説明しよう(涙)

 ところで、皆さんはもちろんご存じでしょうが、紫陽花は日本固有の
 植物で、それを海外に広めたのはシーボルトでした。
 その後に多くの品種が生まれるようになるのですが、出来れば
 シーボルトが名付けた「オタクサ」で世界中に広まって欲しかったですね!

                ♪ 運転手 兼 かんりにん ♪