以前プライベートネタで「15分カット」について書いた事があるんですが  
 久しぶりに・・・懲りずに・・・またあの15分カットの店に行って来ました。
 また例のおじさんがいたらどうしよう・・・結果は100%真木さんの視線が
 気になる状態になるはず!
 ただ、そうは思っていてもついつい車を駐車場に入れてしまって。
 外から覗いてみても良く見えないので、覚悟を決めて入ってみる事に・・・
 すると、あのおじさんはいないじゃないですか!
 たまたまお休みなのかクビになったのか・・・ま~ともかくこれで
 真木さんの微妙は視線は回避出来る。
 そして椅子に座ると、随分以前には良くやってもらった事のある男性がやって来て
 「今日はどんな感じにしますか?」と聞いて、手際良くカットが始まりました。
 それは例のおじさんの様に、無駄に丁寧な口数と変な綺麗好き手際ではなく、
 口数は少ないけど、ちょっとした所が丁寧でちゃんとしてる。
 あ~これこれ! そうよ! そうなのよ! こんな感じが良いのよ!
 と思ってやってもらって仕上げ!
 結局15分カットなのに、実際は20分以上。
 そして、最後に私はついつい「丁寧にありがとうございます!」と言っていました。
 少し前ならこれが普通でいつも通り。
 でも、一度脇道にそれて違いを感じると、いつも通りの普通が嬉しいものです。

 人はいつも通りや普通に慣れてしまうと、その事に有難みを感じなくなります。

 何事もなく 過ぎる日々 それが幸せ それが幸せ
 それが人生 それが幸せ

                      ♪ 運転者 兼 かんりにん ♪